外科教育グループ

外科教育グループ

外科教育研究について

医学部臨床実習カリキュラムの改革、新しい外科専門医制度の導入に伴い、教育・研修内容の質とアウトカムが問われる時代になりました。また患者の倫理に配慮しながら可能な限り安全に外科教育を行うためには、これまで臨床現場で行われてきた“on the job”トレーニングだけでは不十分である、という考えは常識になりつつあります。したがってこれからの外科指導責任者は、外科教育に対する知識、すなわち教育カリキュラム作成、評価法、指導方法などに精通することが求められます。

北米では約30年前に外科教育学会が設立され、外科教育者の育成および外科教育をテーマとした研究が本格的に始まりました。現在ではこの外科教育学会は北米外科領域において重要な役割を果たすまでに発展しました。私たちの教室では、若手外科医が技術を向上させながら将来の不安なくキャリアアップし、その結果患者へ安全な外科治療を提供できることを目的とした、我が国初の「外科教育グループ」を組織しました。

外科教育グループでは、卒前・卒後外科教育カリキュラム作成、各種セミナー企画、日本外科教育研究会主催 (http://www.surgicaleducation.jp) など学内外の外科教育に関わる実務に加えて現在、日本の外科教育をリードすべく、新しい外科教育手法やシステム構築をテーマとした様々な研究を行っています。私たち外科教育チームの実践、研究内容に興味のある方はいつでもご連絡ください。

外科教育グループ構成メンバー

主任 倉島 庸
大学院生 溝田 知子(Indiana大学留学中)、水沼 謙一、横山 新一郎
北海道大学客員研究員 渡邊 祐介(手稲渓仁会病院)、サシーム パウデル(製鉄記念室蘭病院)

研究課題

現在進行中の研究課題
1.双方向インターネット通信を利用した遠隔外科教育カリキュラム構築
(2014-2016年度科学研究費:外科学一般基盤C研究)
2.内視鏡外科手術修練を支援するcadaver trainingカリキュラムの構築
(2014- 2016年度科学研究費:外科学一般基盤C研究)
3.多職種連携手術用エネルギーデバイス教育プログラムの開発と学習効果の検証
(2017-2018年度科研研究費:若手研究B)
4.本邦における外科研修の現状に関するサーベイ
5.腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術に対するトレーニングシステムの開発と教育効果の検討
6.外科手術のDecision Makingに関するSystematic Review Study
7.教育を目的とした腹腔鏡下幽門側胃切除術技能評価スケールの開発と有用性の検討
8.外科専門医制度における内視鏡外科修練の現状および内視鏡外科手術自立度に関する全国サーベイ
9.高難度内視鏡下縫合・結紮手技シミュレーター:汎用モデルおよびカリキュラム開発と有効性の検討(北米複数施設との多施設共同外科教育研究)
10.腹腔鏡外科基本知識の理解度に対する横断的調査研究
11.小児外科のsimulation-based educationに関するSystematic Review Study
12.外科研修における手術評価および研修業績管理システムの構築

研究成果

論文リスト(2014~)
1.Poudel S, et al. Impact of 3D in the training of basic laparoscopic skills and its transferability to 2D environment: a prospective randomized controlled trial. Surgl Endosc 2017;31:1111-1118
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27351662
2.Watanabe Y, et al. Psychometric Properties of the Global Operative Assessment of Laparoscopic Skills (GOALS) using Item Response Theory. Am J Surg. 2017;213:273-276
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27776756
3.Bilgic E*, Watanabe Y*, et al. Multicenter Proficiency Benchmarks for an Advanced Laparoscopic Surgery Curriculum. Am J Surg 2017;213:217-221 *co-primary author
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27776755
4.Kurashima Y, et al. Systematic Review of the Implementation of Simulation Training in Surgical Residency Curriculum. Surgery Today 2017;47:777-782
http://link.springer.com/article/10.1007/s00595-016-1455-9
5.Kurashima Y, et al. Where do we start? The first survey of surgical residency education in Japan. Am J Surg 2016;211:405-410
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0002961015005668
6.Watanabe Y, et al. Don’t Fix It If It Isn’t Broken: A Survey of Preparedness for Practice among Graduated Fellows. Surg Endosc 2016;31:2287-2298
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/articles/27743124/
7.Poudel S., et al. Development and validation of a checklist for assessing recorded performance of laparoscopic inguinal hernia repair. Am J Surg, 2016;212:468-474
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26750607
8.Poudel S., et al. Evaluation of hands-on seminar for reduced port surgery using fresh porcine cadaver model. J Minim Access Surg. 2016;12:214-219
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27279391
9.Watanabe Y, et al. New Models for Advanced Laparoscopic Suturing: Taking It to the Next Level. Surg Endosc 2016;30:581-587
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26017911
10.Watanabe Y, et al. Surgeons Have Knowledge Gaps in the Safe Use of Energy Devices: a Multicenter Cross-Sectional Study. Surg Endosc 2016;30:588-592
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26017912
11.Watanabe Y, et al. A Systematic Review of Performance Assessment Tools for Laparoscopic Cholecystectomy. Surg Endosc 2016;30:832-844
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26092014
12.Bilgic E*, Watanabe Y*, et al. Reliable assessment of Performance in Surgery: A practical approach to Generalizability Theory. J Surg Educ 2015; 72:774-775 *co-primary author
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26117079
13.Watanabe Y, et al. Camera navigation and cannulation: validity evidence for new educational tasks to complement the Fundamentals of Laparoscopic Surgery Program. Surg Endosc 2015; 29:552-557
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25034381
14.Kurashima Y, et al. Simulation-based training improves the operative performance of totally extraperitoneal (TEP) laparoscopic inguinal hernia repair: a prospective randomized controlled trial.Surg Endosc 28,783-787, 2014
http://link.springer.com/article/10.1007/s00464-013-3241-8

当ブループが開発に携わった外科教育教材

1.Global Operative Assessment for Laparoscopic Skills- Groin Hernia (GOALS-GH):
腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術技能評価表。指導医による直接評価に適している。
⇒ GOALS-GH和訳(PDFが開きます)
2.TAPPチェックリスト:腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP法)技能評価チェックリスト。
ビデオ評価に適している。
⇒ TAPPチェックリスト(PDFが開きます)
3.TAPP教育ビデオ:TAPPチェックリストに基づいた手術教育ビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=gc1MULyp11g&t=1271s)
4.Japan Operative Rating Scale- Laparoscopic Distal Gastrectomy (JORS-LDG):
腹腔鏡下幽門側胃切除術の技能評価表。各手順の確認および評価用。
⇒ JORS-LDG評価シート(PDFが開きます)
5.SAGES FUSE ハンズオンセミナー(http://www.surgicaleducation.jp/fuse.html
6.Advanced Laparoscopic Suturing Tasks :高難度内視鏡下縫合・結紮手技シミュレーター

研究留学

  • 2016-現在:溝田知子 (Indiana University, USA)
  • 2012-2015:渡邊祐介(Steinberg-Bernstein Centre for Minimally Invasive Surgery and Innovation, McGill University, Canada)
  • 2009-2012:倉島庸(Steinberg-Bernstein Centre for Minimally Invasive Surgery and Innovation, McGill University, Canada)

ページの先頭へ